田舎暮らしって、どんな暮らし?

都市部から移住を検討される皆さんは、田舎での暮らしって実際はどんな暮らしなんだろう?自分たちでもやっていけるのか、不安に思われることも多いと思います。

田舎のコミュニティがどうなっているのか、気をつけないといけないことってなんだろう?インターネットで調べても、リアルな情報はなかなか出てきませんよね。

七尾市にある高階地区では、移住希望の方のそんな疑問に応えるべく、2019年に「集落の教科書」を発行しました。

当時の地域おこし協力隊任田和真さんと学生インターン生2名が地域の町会を聞き込み調査し、冠婚葬祭や町会費、祭りや地域活動を町会ごとに詳細にまとめてあります。

集落の教科書

高階地区は9つの町会からなる地区ですが、それでも若干の違いが読み取れます。

これから移住される方へのアドバイスや実際に高階地区へ移住された方の紹介も掲載されています。

集落の教科書

ここに掲載される内容は高階地区を聞き取り調査したものですが、能登の他地域での暮らしの参考にもなるかと思います。

この1冊でリアルな能登ルールが理解できると思いますので、ぜひ参考にご一読ください。

集落の教科書

集落の教科書は下記から電子版をダウンロードできます。

https://oyayubicompany.jp/takashina-textbook-v02.pdf

投稿者プロフィール

太田 殖之
太田 殖之能登移住プランナー
七尾市矢田町在住。東京都府中市生まれ。平成25年に能登定住・交流機構で移住業務に従事、平成29年10月から令和3年3月までは七尾市の移住コンシェルジュとして活動していました。
家族は奥さんと子ども2人(小学生)。クラウドファンディングや地域づくり会社運営などを行っています。